国連における日本人幹部職員増強に関する提案(2015/11/04)

国連システム元国際公務員日本協会(AFICS-Japan)では、発足以来、数度にわたる勉強会等を通じ、国連における日本人職員の強化、人材育成に関し検討を続けて参りました。とくに日本人幹部職員の増強をはかることが喫緊の課題であるとの認識のもとに、タスクフォースを設置して検討した原案を、AFICS-Japan執行委員会で審議して、外務省に提案しました。提案の詳しくは、以下のリンクからご覧ください。
国連における日本人幹部職員増強に関する提案

人材育成勉強会:第5回(2015/10/15)

第5回人材育成勉強会は、2015年10月15日、国際文化会館で開催され、会員10名の参加がありました。矢島恵理子氏(人事院人材局次席試験専門官)が、第五委員会におけるYPPなどに関する協議の経験を通して、国連で働く日本人職員を増やす必要性について議論しました。

人材育成勉強会:第4回(2015/06/01)

 第4回人材育成勉強会は、2015年6月1日、国際文化会館で開催され、会員12名の参加がありました。会員の千田享氏が、WHOでの自身の経験を通して、国連における日本人幹部職員養成制度の必要性をテーマに、AFICS-Japanの役割について討論しました。
 そこでの議論については、ニュースレター第4号に詳しく報告されています。

人材育成勉強会:第3回(2015/04/17)

 第3回人材育成勉強会は、2015年4月17日、会員12名の参加のもと実施されました。「日本人国際公務員の増強方針について」というテーマで、人事院人材局研修推進課長の岸本康雄氏が講演し、質疑応答が行われました。
 そこでの議論については、ニュースレター第4号に詳しく報告されています。

人材育成勉強会:第2回(2014/11/07)

人材育成についての勉強会を開催いたします。第2回として、元外務省国際機関人事センター長の伊藤光子氏を囲んで開催いたします。「日本の若者の国際化について」を課題といたします。日時の詳細は以下の通りです。
   日時:2014年11月7日(金)10:30ー12:00
   場所:国際文化会館
そこでの議論については、ニュースレター第3号に詳しく報告されています。